qrcode.png
http://matsutani-miyoko.net/miyokosroom/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

松谷みよ子事務所
〒178-0063
東京都練馬区東大泉6-26-6
TEL:03-3922-7070
FAX:03-3923-9741

 
・松谷みよ子のおはなし集
・松谷みよ子童話集
・松谷みよ子の本(全11巻)
・松谷みよ子全エッセイ(全3巻)
・あの世からのことづて
・現代民話考(全12巻)
・現代の民話
・龍の子太郎
・ちいさいモモちゃん
・オバケちゃん
・ふたりのイーダ
 
 
 
 

スタッフブログ

 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
ボローニャ国際絵本原画展に行って来ました!
2015-08-18
 

先日、板橋区立美術館で開催されていました「ボローニャ国際絵本原画展」へスタッフ2名で見に行き、大変興味深く鑑賞して参りました。

 

 

各国から集められたよりすぐりの原画たちは圧巻でした。

原画ならではの迫力と臨場感を味わいました。

作品それぞれにイラストレーターの情熱もひしひしと感じました。

実際の絵本も展示してあり、どういう風に絵本の中で見ることになるのか、目の当たりにできました。

 

 

残念ながら今月16日で板橋区立美術館での開催は終了となりました。

が、これから年内を兵庫県→愛知県→石川県と巡回するそうです。

 

機会がありましたら、ぜひ立ち寄られることをお勧めします!!

 

 

スタッフA

 

 

 
スタッフからのおすすめ本「まちんと」
2015-08-17
 

この時期読んでいただきたい絵本をご紹介します。

「まちんと」とは

「もうちょっと」という言葉の方言を小さな女の子が回らない舌で言った言葉です。

トマトを「まちんと」食べたいと思いながら原爆で死んでいった小さな女の子の悲しいお話しです。

この絵本は文庫「本と人形の家」に来た女の子が「私にもわかる戦争の本ないの?」と言った言葉をみよ子先生が受けとめて生まれました。

絵本を通して語り継いでいかなければならない現代の民話です。

是非、お手にとってご覧ください。

 

〇偕成社 作・松谷みよ子 絵・司修    1,200円+税

 

 

スタッフT

 
『ふたりのイーダ』上映会に行ってきました!
2015-08-10
 8月8日、調布市東部公民館にて『ふたりのイーダ』上映会が開催され、事務所からも二人、観賞に行って参りました。
  原作は読んでいましたが、これまで映画を観る機会が無かったので、今回、東部公民館のご担当者様にお願いし、参加させていただきました。
 原爆の被害を知るという意味では大変貴重な映画だと思います。現在のメディアではなかなか放送し難いと思える場面も有りましたが、それが真実です。
  作家・松谷みよ子は真実を伝える事を信念としていました。それはこの映画からも伝わってきます。
 広島、長崎に落とされた原爆。戦争は終わりましたが、被爆者として現在も苦しんでいる人達がいます。そこに住む全ての生命に影響を及ぼした原爆の被害は伝えていかなくてはいけないと強く思いました。
 
 今回は、土曜日開催でしたので、午後からの本屋さん・文庫があり、早々に失礼しましたが、参加にあたり、快くお返事くださった東部公民館の永井様にはこの場を借りて改めてお礼申し上げます。
 
 スタッフN
 
黒姫童話館に松谷みよ子常設展を訪問しました
2015-08-10
 黒姫と黒龍が住むという黒姫山の麓、トラクターバスにゆられて訪れた私たち を、ヤギ園の山羊さんがお出迎えしてくれました。東京での連日の猛暑日が嘘のよう、さわやかな高原の風が吹き渡る奥信濃の地は、みよ子先生が疎開・採訪・語り・創作活動とたびたび訪れた縁の場所です。
 そんな地に立つ黒姫童話館には、松谷みよ子の常設展示室があり、『モモちゃん』シリーズ、『直樹とゆう子の物語』シリーズなどの松谷作品の世界に触れることができます。また、お隣にある「信濃の民話」の部屋には、「黒姫物語」をはじめとし新刊『信濃の民話』に収録されているお話も多数パネル展示されており、同時に楽しむことができました。 
  この豊かな自 然に抱かれて、みよ子先生は着想を得、数々の物語この世に送り出されました。いわば原点とも言えるこの地を訪問し、スタッ フ一同あらためてみよ子先生の作品の魅力を再確認したのでした。
 
スタッフO
 
待望の「秋田の民話」が刊行されました!!
2015-08-02
興味深い民話が沢山収められている一冊です。
「赤紙と黒神」は十和田湖にすむ美しい女神をめぐっての土地形成の雄大な神々の物語です。
また、「米福・粟福」は、なんと日本版シンデレラ物語です。
これらは絵本になっていて、絵も美しく大人が読んでも楽しい絵本となっています。
 
この他にも興味深い民話の数々です。
これらを採訪した、瀬川氏と整理されたみよ子先生の素晴らしさを改めて痛感する一冊です。
 
                              スタッフT
 
2
<<松谷みよ子事務所>> 〒178-0063 東京都練馬区東大泉6-26-6 TEL:03-3922-7070 FAX:03-3923-9741