qrcode.png
http://matsutani-miyoko.net/miyokosroom/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

松谷みよ子事務所
〒178-0063
東京都練馬区東大泉6-26-6
TEL:03-3922-7070
FAX:03-3923-9741

 
・松谷みよ子のおはなし集
・松谷みよ子童話集
・松谷みよ子の本(全11巻)
・松谷みよ子全エッセイ(全3巻)
・あの世からのことづて
・現代民話考(全12巻)
・現代の民話
・龍の子太郎
・ちいさいモモちゃん
・オバケちゃん
・ふたりのイーダ
 
 
 
 

太郎三部作

 

太郎三部作

太郎三部作
 
ちびっこ太郎 龍の子太郎 まえがみ太郎の太郎たち
『龍の子太郎』(講談社刊)

母龍に会いに行くと出かける太郎ですが、天狗に力を借りたり、知恵で黒鬼を退治したり、騙されて鶏長者の手伝いをしたり、魔物に殺されそうになった時、あやに救われたり・・・・。出会いにたすけられ、知恵を絞り、また、騙されても一生懸命に取り組んで、それが、また多くの人に役に立ったり、命を落としそうな時に奇跡が起きたり・・・・。身近な話、壮大な話に引き込まれながら、読む子供たちは、太郎と一緒に冒険をしてゆきます。

私の生き方の基本に、この龍の子太郎が反映している気がしてなりません。

時々自分の人生を振り返り、何か龍の子太郎みたいだな、と思う事がしばしばありました。「物語」をそうして楽しんで読んでいくうちに、見えない何かが身について、様々な事を乗り越えていたりします。物語の力ですね。
 
さて、実は太郎三部作といわれるあと二つの物語があります。『まえがみ太郎』と『ちびっこ太郎』です。この作品群も日本の昔話を素材にしながら組み立ててゆき、太郎と共に壮大な冒険を繰り広げてゆきます。読みながら、とてつもなく大きな世界に引き込まれながら、日本各地に語り伝えられてきた「昔話」がどれだけ、いとしく、また深いものなのかも気づかされます。

 
 
文 瀬川たくみ
<<松谷みよ子事務所>> 〒178-0063 東京都練馬区東大泉6-26-6 TEL:03-3922-7070 FAX:03-3923-9741